• トップページ
  • 会社概要
  • 製品紹介
  • 製品カタログ
  • 環境への取り組み
  • お問い合わせ

工場集塵システム

悪臭処理装置

用途
  • 化学工場、食品工場、コンポスト施設などから発生する悪臭ガスの除去処理
特徴
  • ガスの性状に合わせて直燃式、吸着式、触媒酸化式より最適な装置を選定いたします。
直燃式
  • 爆発限界の高濃度ガスの処理に適し、作用が確実です。
  • 可燃性粉じんやタールなどの前処理の必要がありません。
  • 構造が簡単で故障が少なく、運転管理が容易です。
吸着式
  • ガス中の粉じん、ミスト、タールなどを高性能プレダスタで前処理し、吸着剤を保護します。
  • ガス性状に応じて吸着剤を選定出来ます。
  • RA型では吸着タンクを併列設置し、脱着を繰り返すため、小型で高価な吸着剤の使用量が少なくて済みます。
触媒酸化式
  • 触媒効果により低温燃焼で処理できるため、補助燃料が少なくて済みます。
  • 触媒の寿命が長く、劣化した場合も再生が可能です。
  • ガスの発熱量が大きい場合は、熱を回収することが可能です。